4歳児へのプレゼントにおすすめのNintendoSwitchソフトはポケモンピカブイ!




わたしには、4歳の甥っ子がいます。おリカの4歳年上の姉の息子です。

去年のクリスマス、そんな甥っ子に、そろそろ自分で操作ができるゲームをプレゼントしたくて、任天堂SwitchのソフトのポケットモンスターLet’Go!ピカチュウを買ってあげました。

モンスターボール型のコントローラーのモンスターボールPlusもひとつ付けて。

 

ポケモンを選んだ理由

低年齢の子供向けのSwitchソフトといったら、まず最初にニンテンドーラボが思いついたのですが、それよりも対象年齢が高いポケモンをあえて選んだのには、いくつか理由がありました。

 

ポケモンを選んだ理由

1.ニンテンドーラボは、おそらくコントローラーを組み立てている時点が一番楽しいのではないかと思ったから(あくまでも個人的な意見ですが、あんまり長く遊べないような気がしたんです)

2.甥っ子がピカチュウに興味を持ち始めていたから

3.自分と姉(甥っ子にとってはママ)がかつてポケモン赤緑をプレイしたことがあったので、今回のこのリメイク作品に興味があったから

4.ヒカキンさんのプレイ動画を見たら、操作がすごく簡単そうだったから

5.スマホアプリのポケモンGOと連動しているので、ポケモンをプレゼントしたりしてサポートできるかと思ったから

ひらがなは読めるようになってきてはいますが、おそらくまだ、4歳児一人では絶対にプレイできないでしょう。

ですので、必ず大人のサポートが必要になります。

普段家にいる時はママやパパが。私のところに遊びに来たときは、私が(極力ですがw)。

そう…出来ればこういう場合、子供だけじゃなくて、一緒に遊ぶ大人も楽しめるゲームだとうれしいのです。w

ニンテンドーラボは、紹介映像見た時に、こりゃまた任天堂さんは素晴らしいものを作ったなぁ…と感動したのですが、子供はともかく、おそらく大人が長く遊べるようなゲームではないと思ったのです…。(すみません。プレイしていなのでただの主観ですが。)

「甥っ子のため」がもちろん1番大きいですが、サポートをするであろう大人たちのことも考えて、今回ポケモンを選びました!

 

そしてその選択は….

大正解でした!!!(*´▽`*)

 

今作のポケモンは、とにかく操作が簡単で、ジョイコンの片側だけで片手で遊べるのです!

ボタンが少ないので、大人も子供もすぐに操作方法を覚えることができます

ポケモンを捕まえる時やなでてあげる時は、実際にコントローラーを振るので、ただボタンを押すだけのゲームよりも臨場感があります。

そして、モンスターボールPlus。

これを持っているだけで、子供も大人もテンションがぐいーーーーんと上がるのです!

モンスターボールを持って、振って、ポケモンを出したり引っ込めたり….子供のころの憧れでした(*´▽`*)w

 

我が家はこんな風に遊んでいます

我が家は、基本的に大人が1Pでジョイコン操作甥っ子が2PでモンスターボールPlusで遊んでいます。

まず、主人公を動かすのは大人です。

歩いたり、話しかけたり。必要に応じてポケモンの入れ替えを行ったり、道具の整頓をしたり。

ストーリーを進めたり、バトルに備えるのが大人の仕事です。

4歳児の甥っ子は、バトルとポケモンに遭遇した時のみ、サポートトレーナーを操作します。

そう、今作は2Pのコントローラーを振るだけで、サポートトレーナが出たり引っ込んだりするのです!これがとても素晴らしい機能!(*´▽`*)

バトルが始まったら「モンスターボールフリフリして」と甥っ子に声をかけ、コントローラーを振らせてサポートトレーナーを出現させます。

1Pの主人公は大人、2Pのサポートトレーナーは甥っ子が操作します。

「いっせーのーで!」と声をかけて一緒にボールを投げてポケモンを捕まえたり、バトルが始まったら、好きな技を甥っ子が自分で操作して選択します。

バトルが終わったら、「はいまたボール振って~」と声をかけ、コントローラーを振らせてサポートトレーナーを引っ込めさせます。

そうしたらまた大人がストーリーを進めるのです。

おそらくまだ、主人公を歩かせたりするのは難しいのではないかと思って、このようにしておりますが、いずれは自分で全部操作できるようになると思います。

2歳児だとさすがにちっちゃすぎて、この遊び方でも難しいかもしれないですが、3歳児ならいけそうな気がします。たぶん大丈夫じゃないかな?

あとはサポートする大人の腕次第ですが。ww

 

ポケモンプレイ経験のある大人が一緒だとなおよし!

ポケモン未プレイの大人が、子供と一緒に未知の体験をするのもとてもとても楽しいと思いますが、大人がポケモンの経験者だと、正しいアドバイスを子供にできるので、とてもスムーズに進みます。w

タイプや弱点や技を知っていれば、バトル中に何の技を選んではいけないかを教えてあげられます。

さらに、私はポケモン赤緑に関しては、何週したか覚えていないくらいやったので、大体のストーリーの流れや、マップ、どこに何のポケモンが出るか、次のジムリーダーに備えてどんなポケモンを鍛えておくべきか…等、大体頭に入っていて、ストーリー進行役としての役割がばっちりです。ww

そして、自分も懐かしさに浸れてとても楽しい…。(*´▽`*)ww

 

コツは根気よく教えてあげること

最初はなかなか思うようにできないかもしれませんが、子供が操作に躓いても、根気よく教えてあげてください

バトルが始まったらどうしたらいいか、ボールを投げる時はどうしたらいいか、毎回毎回イライラせず教えてあげて下さい。

モンスターボールPlusにはボタンが2つしかないので、子供はすぐに操作を覚えます。

そのうちに何も言わなくてもスッとやります。ww

私の甥っ子は、ボタンを押し込む操作が苦手みたいで、よくバトル中に誤った操作を選んでしまうことがあるのですが、それでも姉と一緒に「グイって推すんじゃなくて、ポン!て押すんだよ」といつも教えていたら、だいぶ誤作動が減りました。

また、文字を読むのは大変だと思うので、セリフや技を声に出して読んであげたり、ポケモンをチェンジする際は「鳥ポケモンには電気が効くからピカチュウに変えよう」とか戦略的なこともちょっとぶっこみながら遊ぶようにしています。ww

 

子供と大人がガチで楽しめるポケモン

かつて自分がポケモンに夢中になったように、甥っ子も今夢中で遊んでくれています。

とっても嬉しいです。

攻略本のポケモン図鑑を嬉しそうに見ていて、つい先日までピカチュウくらいしか知らなかったであろうはずなのに、ほぼ全部名前が言えていました。

昔の自分もそうだったので、甥っ子がどれほどわくわくしているか、よくわかります。ポケモンのことを知りたくてたまらないのです。

そして、これは私の都合ですがw、大好きだった初代赤緑の世界にまたこうして戻って遊べることにもすごく感動しています。

まさか30過ぎて、自分のお姉ちゃんの子供と一緒にまたこの世界に帰ってくるとは…!w

序盤、わくわくしすぎてめそめそ泣きながらプレイしました。ww

とにかく、最初にやり方さえ覚えてしまえば、あとはもう大人も子供もポケモントレーナー同士、楽しく仲良く協力して遊ぶだけです。

甥っ子は、自分のポケモンで敵をやっつけるとものすごくうれしそうです。得意気です。w

大人が一人でやっても楽しいゲームかもしれませんが、子供と大人で遊ぶポケモンも格別に良いですよ!

 

昔の小林幸子さんの、アニメポケモンのエンディングテーマの1フレーズを思い出します…。

昔私がまた子供だった頃 ポケットに入れてたたくさんの宝物
今でも時々顔をのぞかせるのよ

昔の子供今の子供 ポケットの中身はいつだって
男の子でも女の子でも ポケットの中身は誰だってファンタジー

小さなお子様へのプレゼントに

ポケットモンスターLet’sGo!ピカチュウLet’Go!イーブイと、モンスターボールPlus(セットありますよ!)

超絶おすすめです!!(*´▽`*)

ただし、プレゼントする際は、サポート役の大人の許可をとってからにしましょう。w迷惑になるといけないので。w

あと、サポート役がいないために遊べなくて、子供がかえってがっかりしたらかわいそうなので…。

私も買う前に姉に「大人がついてないと遊べないと思うんだけど、買っても大丈夫??」とちゃんと許可とりました。(*´▽`*)w

 

本当に子供と楽しく遊べるのかどうか自信のない方は、無料の体験版がDLできるようになったので、そちらでちょこっとお試ししてみるといいと思います!

私的には、購入する前は、今作のピカチュウもイーブイも可愛さがあざと過ぎて「ちょっとな…」と思っていたのですが、プレイしたら「やっぱかわいいな!!」って思ったので、どうぞ、まだプレイされていない方は可愛さにメロメロと癒されてください。ww

 

いつか、かわいいかわいい甥っ子を、ポケモンセンターに連れて行ってあげたいです。

一緒にぬいぐるみ選びたいよ!

東北、仙台しかないので…。青森にもくださいな!!ポケセン!!!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です